「知ることにより変わる・変えられる」を理念に国内外の良質な映画を毎⽉お届け

MOVIE- 知ることにより変わる・変えられる-

「知ることにより変わる・変えられる」を理念に国内外の良質な映画を毎⽉お届け

Episode.05



キャスティング・ディレクターは映画界を救うかもしれない。『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』を読み解く

SNS、未曾有の⻑寿社会、家⽗⻑制や終⾝雇⽤制度の崩壊、多様なジェンダー・アイデンティティやセクシュアリティの可視化、顕著になったリプロダクティブ・ヘルス/ライツの貧困、そして、新型コロナウィルス……現代は前例のないことだらけ、ロールモデル不在の時代です。だからこそ、私達は⾃分のいる社会や世界をもっとよく知ることで、新しい⽣き⽅をデザインしていけるのではないでしょうか。「知ることにより変わる・変えられる」を理念に国内外の良質な 映画を毎⽉お届けしていきたいと思います。

現在のキャスティングを作った実在の女性マリオン・ドハティの半生を描いたドキュメンタリー『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』が4月2日(土)に公開された。2012年にアメリカで公開された本作は、その後、映画芸術科学アカデミー(米アカデミー賞)や英国アカデミー賞にも影響を与えた。2013年、映画芸術科学アカデミーにはキャスティング支部が作られて、キャスティング・ディレクターが一般会員ではなく専門職として会員権をもてるようになったのだ。そして、2019年には英国アカデミー賞がキャスティング部門を新設し、キャスティング・ディレクターも受賞できることとなっている。長年埋もれた存在であったキャスティング・ディレクターに光をあてた本作の見どころを紹介したい。

スタジオ・システムの終焉がキャスティングを変えた

1920年代から1950年代まで「スタジオ・システム」と呼ばれたハリウッドでは、映画会社が雇用している自社スターを映画の役柄とのマッチングを深く考慮せずにキャスティングしていた。「スタジオ・システム」時代には、大手映画会社は製作・劇場・上映の所有権を独占しており、映画を大量生産するためにこういった簡易的なキャスティングがなされていた。

ところが1948年、「パラマウント判決」によりこの独占状態が違法となり、映画会社から劇場は切り離された。同時に、テレビの台頭で劇場動員数も劇的に減っていた。もはや、映画会社はスターの雇用を維持するための利益を獲得することができなくなっていたのだ。加えて、外国映画やインディペンデントの映画人もアメリカ市場に参入し、50年代半ばにスタジオ・システムは崩壊した。

この頃にマリオン・ドハティはキャスティングを始めたという。元俳優志望の彼女はテレビでキャスティングの仕事をするようになり、新しいキャスティングの道を開拓していった。当時NYに住んでいた彼女は、NYで大旋風を巻き起こしていた「アクターズ・スタジオ」の俳優をキャスティングしていったのだ。

1947年にニューヨークの劇団「グループ・シアター」の同窓生だったエリア・カザンらが中心となって新設した「アクターズ・スタジオ」は現在も俳優養成所として大人気で、アル・パチーノとエレン・バースティン、アレック・ボールドウィンが共同で学長を務めている。アクターズ・スタジオの演技者は、実体験を役の内面心理に重ねて自然でリアルな演技をする。

50年代にこの「メソッド」演技法を学び、オフ・ブロードウェイなどで活躍していた若手俳優たちをドハティはテレビにどんどんキャスティングしていき、俳優の知らぜらる才能を見出してキャスティングするという、現代のキャスティング・ディレクターの仕事を形作っていった。ダイアン・レイン、グレン・クローズ、ロバート・デ・ニーロやロバート・レッドフォードなど私たちの知っているスターたちがドハティに発見されて才能を開花させていく様子はぜひ映画を観てほしい。

いち早く多様性を持ち込み、リチャード・ドナー監督を驚かせたマリオン・ドハティ

なかでも印象的なドハティの配役は、リチャード・ドナー監督の『リーサル・ウェポン』(1987)だ。メル・ギブソンとダニー・グローバーの凸凹刑事コンビが殺人事件を解決していくというバディ・ムービーである。この映画が大ヒットした大きな理由に、自殺願望をもった狂気の白人刑事とマイホームパパの黒人刑事という、人種的にも性格的にも正反対な男性が友情を結んでいく過程にあるが、ダニー・グローバーが演じたキャラクターは黒人だと脚本では設定されていなかった。ドハティがドナー監督にダニー・グローバーを提案したとき、ドナー監督は驚いたという。なぜなら、監督の脳内では白人が想定されていたからだ。ドナー監督はこのとき、脚本や原作に人種設定がない限り、主要キャラクターは白人が演じるものだという自分の”無自覚な偏見”に気がついたそうである。

まだ多様性の概念が浸透していない80年代後半のハリウッドで、ドハティの先見の明、そして、ドナー監督と対等に交渉した勇気に驚く。

女性を雇用し自分の後継者を育成した

ドハティが多様性を意識していたのは、彼女自身が女性というマイノリティだったからかもしれない。1923年生まれの彼女は至るところで女性差別を経験してきただろう。ジェンダーバイアスを経験していたからこそ、人種バイアスにも敏感になれたのではないだろうかーー。

そういった経験のせいか、ドハティは自社スタッフを全員女性にし、自分のメソッドを教え込んで後継者を育てていった。ドハティは部下の自主性を尊重し自由な裁量を与えることにより、彼女たちを育成したという。実際に彼女に育てられたキャスティング・ディレクターたちは現在のハリウッドで大活躍している。

キャスティング・ディレクターの冷遇と未来への期待

50年代後半から60年代前半までテレビのキャスティングを手掛けていたドハティは、大手映画会社からのオファーを受ける。そうして、60年代前半から1997年まで、意表をつく繊細なキャスティングで『明日に向かって撃て!』(1969)、『真夜中のカウボーイ』(1969)、『ダーティハリー』(1971)、『華麗なるギャツビー』(1974)、『グリース』(1978)、『ガープの世界』(1982)、『バットマン』(1989)や『陰謀のセオリー』(1997)など名作を打ち出していった。



だが、80年代後半から90年代にかけて、映画会社は非エンタメ業界のグローバル資本に買収されていき、ハリウッドは巨大ビジネス化として変化していった。そして、このハリウッドの変化がドハティのキャリアに影を落としていく……。

本作は、キャスティング・ディレクターが冷遇されている現実にも焦点を当てる。劇中、ウディ・アレンやマーティン・スコセッシを始めとする巨匠たちがキャスティング・ディレクターへの敬意を語るのに、映画芸術科学アカデミーやアメリカ監督協会はキャスティング・ディレクターをアシスタント扱いしているのだ。事実、編集者、衣装デザイナーや撮影監督と違い、アメリカのアワードにキャスティング・ディレクターはいまだに受賞の対象となっていない。

とはいえ、2013年に映画芸術科学アカデミーはキャスティング・ディレクターの部門を作ったし、2019年には英国アカデミー賞がキャスティング部門を受賞対象として新設した。キャスティング・ディレクターの重要性は近年、ますます注目されているのだ。これは非常に重要な変化だと思う。

日本ではいま、映画監督による俳優へのハラスメントがやっと可視化され、遅まきながら#MeTooが起きている。映画業界でハラスメントが起きやすい要因のひとつに、監督がキャスティング権を一手に支配していることがあるような気がする。またまだキャスティング・ディレクターが少ない日本の映画界でキャスティング・ディレクターが重用されるようになれば、ハラスメントは減るかもしれない。最終人事権は監督がもつにしろ、監督と対等に交渉できる第三者がキャスティングに介入するだけでキャスティングのプロセスに、より透明性がでるのではないだろうかーー。

10年経って日本で配給される理由とは?

アメリカで2012年に公開されて10年経った今年、日本で公開されることになった『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』。本作を日本で配給するテレビマンユニオンの大野留美氏は、この映画が”いま”公開されることについてこう語る。

「ハーヴェイ・ワインスタインのようにキャスティング権を使った性暴力事件をきっかけに起こった#Metoo、#OscarsSoWhiteで表面化したアカデミー賞の白人偏重、改善しない脚本作りや配役の問題、映画界以外における女性の職業問題など…この10年の間に”要変革”な事案を目にする度に思い出したのが、この映画でした。ドキュメンタリーは時代性が大事なジャンルですが、この映画はそういう”要変革”の声が大きくなる前に制作された作品です。

監督たちも出演者たちも、マリオン・ドハティが長いキャリアで経験した企業の壁や女性蔑視などよりも、シンプルに”正当に評価されるべき彼女の仕事を讃える”に注力してこの映画を完成させました。だからこそ、10年経っても時代遅れと感じずに楽しめ、かつ、当時より10年経ったいま見る観客の方がいろいろな解釈や問題意識を自然と見つけられる映画ではないかと思い、今回配給することにしました」

キャスティングを通して”ハリウッドの顔”を変えた女性マリオン・ドハティ。キャスティング・ディレクターが少しずつ認められるようになってきた近年の変化を、生前の彼女に見てほしかったと多くの映画関係者が悔やんでいる。

【4月2日(土)よりシアター・イメージフォーラムほか全国順次 “映画の見方が変わる”ロードショー】
『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』 ©︎Casting By 2012

2022.04.07 UP

  • SHARE THIS ARTICLE
Waka Konohana
映画ジャーナリスト、セクシュアリティ・ジャーナリスト、米American College of Sexologists International(ACS)認定セックス・エデュケーター。手がけた取材にライアン・ゴズリング、ヒュー・ジャックマン、エディ・レッドメイン、ギレルモ・デル・トロ監督、アン・リー監督など多数。映画の予告編YouTubeチャンネル「Movie Repository」とセックス・ポジティブな社会を目指したニュースレター「Sex Positive Magazine」を発信中。
newsletter instagram twitter Facebook

Read more

セイント・フランシス
生理、妊娠、中絶、出産、産後鬱、女性が受ける様々なルッキズムやエイジズムなど、女性の一生をそのまま映し出した本作。今回、脚本・主演を務めたケリー・オサリヴァンさんに取材した内容をもとに、日本の「リプロダクティブヘルス・ライツ(性と生殖に関する健康と権利)の貧困」を紐解きます。
1640日の家族
最近、日本でも聞かれるようになった「里親制度」。とはいえ、里親制度についてよく知らない人も多いでしょう。今回紹介する映画『1640日の家族』(7月29日より公開)は、日本よりも柔軟な福祉が進んでいるフランスの里親制度を描き、「共育社会」や「共生社会」について考えさせられます。
わたしは最悪。
学生時代は成績優秀で、アート系の才能や文才もあるのに、「これしかない!」という決定的な道が見つからず、いまだ人生の脇役のような気分のユリヤ。そんな彼女にグラフィックノベル作家として成功した年上の恋人アクセルは、妻や母といったポジションをすすめてくる。ある夜、招待されていないパーティに紛れ込んだユリヤは、若くて魅力的なアイヴィンに出会う。新たな恋の勢いに乗って、ユリヤは今度こそ自分の人生の主役の座をつかもうとするのだが──。
ドンバス DONBASS
公開中の『ドンバスDONBASS』はベルリンに在住するウクライナ人監督のセルゲイ・ロズニツァ監督が東ウクライナに位置するドンバス地方に住む人々を描いた社会派リアリズム映画です。
キャスティング・ディレクター
現在のキャスティングを作った実在の女性マリオン・ドハティの半生を描いたドキュメンタリー『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』が4月2日(土)に公開されました。2012年にアメリカで公開された本作は、その後、映画芸術科学アカデミー(米アカデミー賞)や英国アカデミー賞にも影響を与えました。長年埋もれた存在であったキャスティング・ディレクターに光をあてた本作の見どころを紹介します。
クレッシェンド 音楽の架け橋
公開中のドイツ映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』は、イスラエル生まれのドロール・ザハヴィ監督が、実存のオーケストラに着想を得て制作したフィクション。パレスチナとイスラエル……敵対する民族の若い楽団員たちが、音楽を通じて心を通わせていく感動作です。
ユンヒへ
1月7日に公開された韓国のレズビアン映画『ユンヒヘ』。韓国に住む2人の母子が冬の小樽へ旅するロードムービーである本作は、娘が母の秘密をとくミステリーでもあり、母が別れた同性愛の恋人と再会するラブストーリーです。
ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男
12月17日に公開された『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』はマーク・ラファロが演じる実在の弁護士ロブ・ビロットが、ウェスト・バージニア州で数十年にわたり有害化学物質を投棄してきたデュポン社に立ち向かう、実話をもとにした重厚なリーガル・スリラーです。
テーラー⼈⽣の仕⽴て屋
公開中の映画『テーラー ⼈⽣の仕⽴て屋』はギリシャの経済危機を背 景に、「男らしさ」から解放されて⾃分⾃⾝を⾒出す中年男性の成⻑ 物語。ギリシャ最⼤のテッサロニキ国際映画祭でギリシャ国営放送協 会賞、⻘年審査員賞、国際映画批評家連盟賞の三冠に輝き、世界中の 映画祭から喝采を浴びた話題作です。「太陽の国」と呼ばれるギリシ ャの真っ⻘な空や海とともに、歴史ある古い⽯畳の街並みと貧しい地 域、コミカルなトーンと禁じられた恋、紳⼠服とウェディングドレ ス……相反する要素を組み合わせることで、ギリシャ危機や家⽗⻑制 をさりげなく⾵刺するハートウォーミングな本作。拡⼤する経済格差 やジェンダー規範に⽣きづらさを感じる私たちが観ても爽やかな元気 がもらえる作品です。本作に散りばめられたメタファーから物語のテ ーマを読み解いていきましょう。