「知ることにより変わる・変えられる」を理念に国内外の良質な映画を毎⽉お届け

MOVIE- 知ることにより変わる・変えられる-

「知ることにより変わる・変えられる」を理念に国内外の良質な映画を毎⽉お届け

Episode.11

「フードポルノとサービス業従事者への差別」を
痛烈に風刺したサスペンス『ザ・メニュー』

SNS、未曾有の⻑寿社会、家⽗⻑制や終⾝雇⽤制度の崩壊、多様なジェンダー・アイデンティティやセクシュアリティの可視化、顕著になったリプロダクティブ・ヘルス/ライツの貧困、そして、新型コロナウィルス……現代は前例のないことだらけ、ロールモデル不在の時代です。だからこそ、私達は⾃分のいる社会や世界をもっとよく知ることで、新しい⽣き⽅をデザインしていけるのではないでしょうか。「知ることにより変わる・変えられる」を理念に国内外の良質な 映画を毎⽉お届けしていきたいと思います。

ディナーコースに18万円も払ったことがあるだろうか。そんな高級レストランに行けるのはひと握りの富裕層だが、実は世界中で高級レストランは年々増えているという。ただいま公開中の映画『ザ・メニュー』は高級レストランのディナーコースを題材に、格差社会におけるフードポルノやサービス業従事者への差別を風刺したサスペンスだ。

大ヒットドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で6つのエピソードを手がけて世界中から注目を浴びるマーク・マイロッドが監督し、スペクタルなサスペンスに仕上がった本作。狂気のカリスマシェフをレイフ・ファインズ、彼に立ち向かう女性をアニャ・テイラー=ジョイが演じ、ニコラス・ホルトやジョン・レグイザモら演技派俳優たちが脇を固めた、ブラックジョーク満載の怖いエンターテイメントに仕上がっている。コロナで飲食業が痛手を受けたいま、なぜこのような映画が作られたのかーー。シェフが振る舞う恐怖のフルコースに込められた風刺について考えてみたい。

◼『ザ・メニュー』あらすじ

アメリカ北西部・太平洋沖の孤島にたたずむ超高級レストラン、ホーソン。有名シェフのスローヴィク(レイフ・ファインズ)が振る舞う、ひとり1,250ドル(約18万円)のディナーはなかなか予約がとれない。グルメマニアのタイラー(ニコラス・ホルト)に連れられて来たマーゴ(アニャ・テイラー=ジョイ)は、ナルシズムを発揮するシェフ、彼に従う軍隊のような料理人たち、物知り顔のゲストたちや過剰に芸術化された料理に違和感を覚えていく。案の定、レストランは徐々に不穏な雰囲気に。なんと一つ一つの料理には想定外の“サプライズ”が添えられていたのだ。果たして、レストランには、そして極上のコースメニューにはどんな秘密が隠されているのか? ミステリアスなシェフの正体とは……?

◼変化した“フードポルノ”の意味

フードポルノとは、グルメマニアが“美しく壮大な料理”の写真をSNSでシェアする社会現象と、いま流行している料理の画像をさす。ポルノがセックスをエロティックな妄想に仕上げるのと同じように、フードポルノもまた料理をキラキラとしたファンタジーに仕上げる。現実にはセックスしないのにポルノを見て性的快楽を得るように、私たちは美しく飾られたフードの写真を眺めて栄養の代わりに快楽を補給するのだ。

フードポルノグラフィーという言葉は1984年にフェミニストの作家であるロザリンド・カワードが著書「Female Desire(女性の欲望)」で使った言葉だ。“料理を作り、美しく盛り付けることは奉仕の行為である”、“フードポルノグラフィーの写真は食べ物が作られる過程の全てを写さず、美しく飾られて加工されたものが使われる”とカワードは記した。(※1)

以来20年間、フードライター、シェフや批評家がフードポルノグラフィーという言葉を引用したが、2000年代に入りSNSやスマホが普及して、“料理=奉仕”から、“料理=美しい写真をSNSでシェアする”ことに変わっていった。SNSやスマホは、「他者から認められたい」という承認欲求を加速し、料理の概念まで変えたのである。

興味深いことに、フードスタイリストでシェフのパヤル・グプタ氏はフードポルノを「教育、知識、収入のシグナルで、コミュニティへの帰属意識を生み出すものである」と定義する。(※2)

◼フードポルノに毒されたゲストとシェフ

映画では個性的な11人のゲストが登場する。ホーソンで出される料理に“食べる前から”魅了されて、自分は普段から料理もしないのに調理法や食材を考察する食通のタイラー(ニコラス・ホルト)。ボキャブラリーを駆使して物知り顔で料理を批判する料理評論家のリリアン(ジェネット・マクティア)と編集者のテッド(ポール・アデルスタイン)。何度も通っている顧客なのにホーソンでこれまで何を食べたのかも覚えていない、熟年夫婦のリチャード(リード・バーニー)とアン(ジュディス・ライト)。料理など眼中になく、会社の経費を使いホーソンで食事できることを鼻にかけている若きIT長者のブライス(ロブ・ヤン)、ソーレン(アルトゥー・カストロ)とデイヴ(マーク・セント・シア)。味音痴なのにグルメ番組司会者になろうとしている落ち目映画スターのジョージ(ジョン・レグイザモ)とアシスタントのフェリシティ(エイミー・カレロ)。

彼らがホーソンへやって来たのは、先述したグプタ氏の定義と同様、高級料理に対する教育と知識、あるいは、富裕層への帰属意識を誇示したいがためだろう。言い換えれば“パワー”を味わいに彼らは来たのだ。

彼らと同じく、ホーソンのシェフ、スローヴィクもまたフードポルノの象徴だ。「料理を食べないでください。味わうのです」とゲストに命令する彼が作るコースは、前衛的かつ概念的で食の原型をとどめていない。口に入れて味合う前に蒸発してしまう泡の料理などはフードポルノの最たるものだろう。食事本来の目的である栄養やゆっくりと食べる楽しみをゲストからが奪っているのだから……。

けれども、ホーソンのなかで唯一フードポルノに毒されていないゲストがいた。

◼“見えない存在”のサービス業従事者

それは、タイラーが連れてきたマーゴ(アニャ・テイラー=ジョイ)だ。マーゴだけは高級レストランに興味がない。それどころか、スローヴィクに抗い、彼の料理を拒否する。だからこそ、彼女だけがスローヴィクの企みを見抜き、立ち向かうことができるのだ。なぜ、マーゴだけがスローヴィクの本質を理解し、彼から一目置かれたのかーー。それは彼女の職業に秘密がある。ネタばれになるので本記事では、サービス業とだけ言っておこう。

マーゴは、行き過ぎた消費主義の陰にいる“見えない存在”の表象だ。コロナで顕著に表れた必要不可欠なサービス業従事者(エッセンシャルワーカー)のメタファーである。世界中がロックダウンをしていた最中、私たちはエッセンシャルワーカーの存在に改めて気がつき、感謝の喝采を送った。コロナ禍で一番必要とされたのに、一番感染リスクを負い精神的・肉体的・経済的ダメージを受けたのは彼らでなかったか。そうして、コロナが収まったかのように見える現在、私たちは再びエッセンシャルワーカーの存在を忘れてさまざまなサービスを享受しているのである。

スローヴィクはホーソンのキッチンを客から“見える”ステージにした。オープンキッチンで働く料理人たちの姿は、サービス業従事者の存在を私たちに“見せる”ためではないだろうか。加えて、料理人たちが独裁者・スローヴィクに軍隊のように従う様子は、ハラスメントとマチズモが横行しているレストラン業界を二重に風刺しているようでもある。

新自由主義社会においては欲望が善とされ、飽くなき欲望は留まるところを知らない。ビジネスに作られた不安で私たちは次から次へとモノ、人、サービスを買い、富める者はますます富み、貧しき者はますます貧しくなる……。

そして、このような分断が進んだ社会の結果が集約されるのは、スローヴィクのデザートコースだ。フードポルノや高級レストラン文化を嫌悪しながらも抜けられなかったシェフが、最後に作ったあっと驚くデザートとはーー。ブラックジョークのスパイスが効いたデザートをぜひ劇場で味わってほしい。

【参考】
※1… Female Desire – Rosalind Coward’s book
※2…How social media influenced your #Food – Payal Gupta
https://www.linkedin.com/pulse/food-porn-new-age-digital-consumption-payal-gupta/


■全米公開:11月18日 ※日米同時公開 ■配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2022 20th Century Studios. All rights reserved.
■公式サイト: https://www.searchlightpictures.jp 

2022.11.22 UP

  • SHARE THIS ARTICLE
Waka Konohana
映画ジャーナリスト、セクシュアリティ・ジャーナリスト、⽶ACS 認定セックス・エデュケーター。⼿がけた取材にライアン・ゴズリング、ヒュー・ ジャックマン、ギレルモ・デル・トロ監督、アン・リー監督など多数。
FRaU Web、ハフポスト、GLITTER、女子SPA!などで執筆。
映画予告編YouTubeチャンネル「Movie Repository」を運営。
newsletter instagram twitter Facebook

Read more

『ザ・メニュー』
ディナーコースに18万円も払ったことがあるだろうか。そんな高級レストランに行けるのはひと握りの富裕層だが、実は世界中で高級レストランは年々増えているという。ただいま公開中の映画『ザ・メニュー』は高級レストランのディナーコースを題材に、格差社会におけるフードポルノやサービス業従事者への差別を風刺したサスペンスだ。
暴力をめぐる対話
公開中の『暴力をめぐる対話』は「黄色いベスト運動」で起きた暴力の正当性を”議論”したドキュメンタリーだ。傷を負った市民や警察関係者、弁護士、社会学者、心理セラピストほか24名にデモの現場を映した数多の記録映像を見せて対話をさせながら、”正義”と呼ばれる国家の「暴力」を考究する・・・
セイント・フランシス
生理、妊娠、中絶、出産、産後鬱、女性が受ける様々なルッキズムやエイジズムなど、女性の一生をそのまま映し出した本作。今回、脚本・主演を務めたケリー・オサリヴァンさんに取材した内容をもとに、日本の「リプロダクティブヘルス・ライツ(性と生殖に関する健康と権利)の貧困」を紐解きます。
1640日の家族
最近、日本でも聞かれるようになった「里親制度」。とはいえ、里親制度についてよく知らない人も多いでしょう。今回紹介する映画『1640日の家族』(7月29日より公開)は、日本よりも柔軟な福祉が進んでいるフランスの里親制度を描き、「共育社会」や「共生社会」について考えさせられます。
わたしは最悪。
学生時代は成績優秀で、アート系の才能や文才もあるのに、「これしかない!」という決定的な道が見つからず、いまだ人生の脇役のような気分のユリヤ。そんな彼女にグラフィックノベル作家として成功した年上の恋人アクセルは、妻や母といったポジションをすすめてくる。ある夜、招待されていないパーティに紛れ込んだユリヤは、若くて魅力的なアイヴィンに出会う。新たな恋の勢いに乗って、ユリヤは今度こそ自分の人生の主役の座をつかもうとするのだが──。
ドンバス DONBASS
公開中の『ドンバスDONBASS』はベルリンに在住するウクライナ人監督のセルゲイ・ロズニツァ監督が東ウクライナに位置するドンバス地方に住む人々を描いた社会派リアリズム映画です。
キャスティング・ディレクター
現在のキャスティングを作った実在の女性マリオン・ドハティの半生を描いたドキュメンタリー『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』が4月2日(土)に公開されました。2012年にアメリカで公開された本作は、その後、映画芸術科学アカデミー(米アカデミー賞)や英国アカデミー賞にも影響を与えました。長年埋もれた存在であったキャスティング・ディレクターに光をあてた本作の見どころを紹介します。
クレッシェンド 音楽の架け橋
公開中のドイツ映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』は、イスラエル生まれのドロール・ザハヴィ監督が、実存のオーケストラに着想を得て制作したフィクション。パレスチナとイスラエル……敵対する民族の若い楽団員たちが、音楽を通じて心を通わせていく感動作です。
ユンヒへ
1月7日に公開された韓国のレズビアン映画『ユンヒヘ』。韓国に住む2人の母子が冬の小樽へ旅するロードムービーである本作は、娘が母の秘密をとくミステリーでもあり、母が別れた同性愛の恋人と再会するラブストーリーです。
ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男
12月17日に公開された『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』はマーク・ラファロが演じる実在の弁護士ロブ・ビロットが、ウェスト・バージニア州で数十年にわたり有害化学物質を投棄してきたデュポン社に立ち向かう、実話をもとにした重厚なリーガル・スリラーです。