「知ることにより変わる・変えられる」を理念に国内外の良質な映画を毎⽉お届け

MOVIE- 知ることにより変わる・変えられる-

「知ることにより変わる・変えられる」を理念に国内外の良質な映画を毎⽉お届け

Episode.09

「中絶のスティグマを打ち破る映画
『セイント・フランシス』から学ぶ、日本女性の「リプロの貧困」とは?」

SNS、未曾有の⻑寿社会、家⽗⻑制や終⾝雇⽤制度の崩壊、多様なジェンダー・アイデンティティやセクシュアリティの可視化、顕著になったリプロダクティブ・ヘルス/ライツの貧困、そして、新型コロナウィルス……現代は前例のないことだらけ、ロールモデル不在の時代です。だからこそ、私達は⾃分のいる社会や世界をもっとよく知ることで、新しい⽣き⽅をデザインしていけるのではないでしょうか。「知ることにより変わる・変えられる」を理念に国内外の良質な 映画を毎⽉お届けしていきたいと思います。

8月19日に公開された映画『セイント・フランシス』は全編にわたり10分毎に生理の血が流れるという前代未聞の映画だ。とはいえ、生々しい流血の映画ではなく、生理が”女性の生活の一部”として自然に描かれたハートウォーミングでユーモラスな成長物語である。
生理、妊娠、中絶、出産、産後鬱、女性が受ける様々なルッキズムやエイジズムなど、女性の一生をそのまま映し出した本作。今回、脚本・主演を務めたケリー・オサリヴァンさんに取材した内容をもとに、日本の「リプロダクティブヘルス・ライツ(性と生殖に関する健康と権利)の貧困」を紐解きたい。

『セイント・フランシス』あらすじ

うだつのあがらない日々に鬱々としながらウェイトレスとして働くブリジット(ケリー・オサリヴァン)、34歳、独身。パーティーで知り合った26歳のジェイス(マックス・リプシッツ)とは一緒の時間を共有するも、恋人ではなくカジュアルな関係のつもりだ。そんななか、黒人とヒスパニック系のレズビアンカップルの6歳の娘フランシス(ラモーナ・エディス・ウィリアムズ)のベビーシッターとしてひと夏働くことになったブリジット。特別子ども好きではないブリジットはフランシスと格闘する日々のなか、ジェイスとの間に予期せぬ妊娠が発覚してしまう。迷わず中絶を選んだブリジットが経験したひと夏とは……。

アメリカで中絶を制限する州が増えているのはなぜか?

まず、アメリカで起きている現在の中絶論争をざっくりと説明したい。アメリカで中絶が合法になったのは1973年の「ロー対ウェイド判決」。以来、女性の中絶権を支持するプロチョイス派(女性の選択を尊重する)と、反対するプロライフ派(胎児の命を尊重する)が闘争を繰り広げてきた。とりわけプロライフ派には狂信的な人が多く、ときには中絶医の暗殺や中絶クリニックの襲撃にまで発展。

プロライフ運動はもともとカトリック教会の一部グループから始まったが、いまでは様々な宗派の人々が参加しているという。そんなプロライフ派は教会の経済力と組織力を活用し政治に働きかけて、中絶を非合法化しようと憲法修正に向けて運動してきたのである。

これに加えて、保守派の政治家も票を獲得するため中絶論争を利用してきた。レーガン、ブッシュ、トランプら保守である共和党の大統領たちが、最高裁判所に保守派の判事を送り込み続け、現在、最高裁のマジョリティは保守派の判事が占めるようになった。その結果、多くの州が「中絶制限法」を成立させて、中絶クリニックを閉鎖に追い込むようになり、とうとう、2022年6月、米連邦最高裁判所は1973年の「ロー対ウェイド判決」を覆した。この最高裁判断により、各州が中絶を違法にすることができるようになったのだ。既に8州で中絶禁止が施行されているが、少なくとも8州がそれに続くと予想されている。(※1)

数年前に『セイント・フランシス』の脚本を書いたとき、中絶制限法は保守的な州に広がっていたものの、「まさか、時代がここまで逆行するとは夢にも思わなかった」と言うケリーさん。アメリカの現状について「お腹にいる”胚芽”を、いま目の前で困窮している妊娠女性よりも優先するアメリカの偽善と矛盾が信じられません」と憤る。

経口中絶薬は家で安全に服用できるものなのに

2021年に 米食品医薬品局(FDA)が妊娠中絶薬の郵送を許可していたので、中絶禁止法や制限法のない州では中絶薬が浸透しているし、中絶禁止法がある州でも海外の医師にオンライン診療してもらい中絶薬を郵送で受け取ることが可能なアメリカ。現在、約54%の中絶が経口中絶薬により行われているという。

本作の舞台はイリノイ州・シカゴの郊外で民主党よりの州だから中絶制限法はない。だから、ブリジットはクリニックで中絶薬を処方してもらい、ジェイスに付き添ってもらいながら自宅で服用する。実は、このエピソードは脚本を書き主演を務めたケリー・オサヴァリンさんが実際に体験した中絶だ。ケリーさんは、「現在、経口中絶薬はクリニックに行かなくてもオンラインで処方されることが可能になったので、中絶薬が家で服用するものだと示すことは非常に重要でした」と説明する。

経口中絶薬が”家で安全に服用できる”という描写は日本人にとっても重要だ。なぜなら、2021年12月に日本初の経口中絶薬の承認申請がラインファーマ株式会社により行われたが、自由診療で処方されることになりそうだからだ。これは医師が価格、入院やその他の要件を決定できることを意味する。

実際に、日本産婦人科医会は、当面は“入院”が可能な医療機関で中絶を行う資格のある医師だけが行うべきだという意向を示した(※2)。加えて、日本産婦人科医会の木下勝之会長(当時)も手術と同じく「10万円程度」にするのが望ましいと主張したのである。(※3)

一方、映画では中絶薬の費用は診療を入れても500ドル(約6万7千円)。ブリジットは医療保険を持っていなと思われるから高額だが、アメリカでは、避妊や中絶費用の一部が保険適用されたり、未成年や貧困者には無料に近い形で支援を受けられるクリニックがあったりする。世界一医療費が高いと言われるアメリカでも、経口中絶薬は最高で600ドル(約8万円)なのだ。なぜ、日本の中絶薬はこれほど高額で、入院が必要とされるのだろうか?

驚くべきことに、イギリスやフランスなどの先進国では中絶や避妊に健康保険が適用されるので、実質無料のところも多い。日本同様に健康保険の効かないオーストラリアでも中絶薬は4万円弱程度。中絶が幅広く行われているのは世界に80国あるが、そのなかの74%が一部、あるいは全額が保険適用となっているのに、日本では中絶が自由診療なのだ(※3)。中絶薬の世界平均卸価格は700円代であることを踏まえると、日本もイギリスやフランスみたいに保険適用にし、適正価格を政府が管理すべきだろう。

「女性のからだの自己決定権」がない日本の中絶

国際社会は「性と生殖に関する健康への権利」と「性と生殖に関する女性の自己決定権」の2つを基本理念としている。しかし、避妊、中絶、出産が保険適用されない日本では、「性と生殖に関する健康への権利」が女性に与えられていると言えるだろうか? 

「女性の自己決定権」においても同様のことが言える。実は、女性が中絶を受ける際、結婚していない場合などは、相手の男性の同意は法的には不要とされている。それにも関わらず、医師が同意を求めるケースが多々あったのだ。

2020年6月、名古屋の当時20歳になる女性が公園のトイレで赤ちゃんを出産し、そのまま死なせてしまった事件を覚えている人もいるだろう。この女性は相手の男性から連絡が途絶えて2件のクリニックから中絶を断られていたという。結局、彼女は死体遺棄と保護責任者遺棄致死容疑で逮捕、起訴されてしまった。男性の同意が中絶に必要だとされるのは、明らかに国際水準の「女性のからだは本人が決める」という“からだの自己決定権”から離れている。

ただし、この配偶者同意要件については朗報がある。つい先日8月18日に日本産婦人科医会の石渡勇新会長が、同意は不要だという法律の適切な解釈を研修会などで周知する方針をNHKに語ったのだ。(※4)

映画では、妊娠が発覚したブリジットがジェイスに告げたとき、ジェイスはブリジットに彼女の意向を聞いてサポートするが、“彼自身の希望”は一切発言しない。26歳のジェイスは包括的性教育を受けたミレニアム世代だから、女性の自己決定権や同意を理解しているのだろう。

映画祭でこの映画が上映されたとき、複数の男性観客が「僕にはジェイスの気持ちが分かる」とケリーさんに話しかけてきたそうだ。女性の自己決定権や同意に寄り添う男性の姿は、フェミニズムのバックラッシュを受けて包括的性教育が与党に潰され、ジェンダーギャップが一向に縮まらない日本人の目に眩しく映ってしまう。

”中絶のスティグマから脱却した新しい物語

さらに、「女性が中絶すると決断し、その決断に揺れることなく中絶をして安堵感を得る」という中絶物語を作りたかったと話すケリーさん。確かに、『ブルーバレンタイン』『セックス・アンド・ザ・シティ』『JUNO/ジュノ』など、多くのアメリカの映画やテレビでは手術の直前に中絶を思いとどまり、出産する女性が描かれてきた。半数以上の中絶に中絶薬が使用されているが、経口中絶薬は“中絶のスティグマ”(負の烙印)をなくさなかったとケリーさんは言う。

だからこそ、中絶のスティグマから脱却する物語として、経口中絶薬を服用したブリジットが出血し、胚芽と思われる血の塊をジェイスに見せる場面は非常に示唆に満ちている。ブリジットが不安そうに血の塊を見せるとジェイスは「ネズミの糞みたい」とジョークを言うのだ。

この場面には、ケリーさんのこんな思いが込められている。

「どこか中絶のスティグマに囚われたブリジットに、ジェイスは、”血の塊に罪悪感を覚える必要はない”、“ブリジットの選択は彼女だけのものだ”と言いたかったんです」

近年、セリーヌ・シアマ監督の『燃ゆる女の肖像』(2020)、エリザ・ヒットマン監督の『17歳の瞳に映る世界』(2020)、オドレイ・ディワン監督の『Happening(英題)』など、女性監督による中絶体験を描いた作品が海外の映画祭で受賞し、絶賛されている。世界的にも女性監督が増えてきたことで、中絶をスティグマと捉えない、多様な中絶の物語が今後も生まれるだろう。

中絶だけでなく、生理、フックアップカルチャー(デートアプリの増加で一夜限りの肉体関係をもつ文化)、エイジズムやルッキズムの社会的抑圧、同性愛や人種に対する差別、産後鬱など女性の一生を映し出した物語『セイント・フランシス』。作品のトーンは軽快であたたかいが、日本女性の「リプロの貧困」についても考えさせられる素晴らしい映画に仕上がっている。

【参考】
※1…米8州で中絶禁止の州法が発効 容認州行き支援の動きも – 毎日新聞
※2…国内初「経口中絶薬」承認申請 手術を伴わない選択肢 – NHK政治マガジン
※3…日本の中絶 (ちくま新書) – 塚原久美
※4…人工妊娠中絶 “不要な同意求めない”周知へ 日本産婦人科医会 – NHK


8月19(金)ヒューマントラストシネマ有楽町,新宿武蔵野館,シネクイント ほか全国ロードショー。
配給:ハーク 配給協力:FLICKK  (C) 2019 SAINT FRANCES LLC ALL RIGHTS RESERVED  

2022.8.29 UP

  • SHARE THIS ARTICLE
Waka Konohana
映画ジャーナリスト、セクシュアリティ・ジャーナリスト、⽶ACS 認定セックス・エデュケーター。⼿がけた取材にライアン・ゴズリング、ヒュー・ ジャックマン、ギレルモ・デル・トロ監督、アン・リー監督など多数。
主な連載にFRaU Web#みんなセックスレス #夫婦同姓の苦しみ など。欧⽶の映画製作にも携わる。
セックス・ポジティブな社会を⽬指す「此花わかのセックスと映画の話」ニュースレターを配信中。
newsletter instagram twitter Facebook

Read more

セイント・フランシス
生理、妊娠、中絶、出産、産後鬱、女性が受ける様々なルッキズムやエイジズムなど、女性の一生をそのまま映し出した本作。今回、脚本・主演を務めたケリー・オサリヴァンさんに取材した内容をもとに、日本の「リプロダクティブヘルス・ライツ(性と生殖に関する健康と権利)の貧困」を紐解きます。
1640日の家族
最近、日本でも聞かれるようになった「里親制度」。とはいえ、里親制度についてよく知らない人も多いでしょう。今回紹介する映画『1640日の家族』(7月29日より公開)は、日本よりも柔軟な福祉が進んでいるフランスの里親制度を描き、「共育社会」や「共生社会」について考えさせられます。
わたしは最悪。
学生時代は成績優秀で、アート系の才能や文才もあるのに、「これしかない!」という決定的な道が見つからず、いまだ人生の脇役のような気分のユリヤ。そんな彼女にグラフィックノベル作家として成功した年上の恋人アクセルは、妻や母といったポジションをすすめてくる。ある夜、招待されていないパーティに紛れ込んだユリヤは、若くて魅力的なアイヴィンに出会う。新たな恋の勢いに乗って、ユリヤは今度こそ自分の人生の主役の座をつかもうとするのだが──。
ドンバス DONBASS
公開中の『ドンバスDONBASS』はベルリンに在住するウクライナ人監督のセルゲイ・ロズニツァ監督が東ウクライナに位置するドンバス地方に住む人々を描いた社会派リアリズム映画です。
キャスティング・ディレクター
現在のキャスティングを作った実在の女性マリオン・ドハティの半生を描いたドキュメンタリー『キャスティング・ディレクター ハリウッドの顔を変えた女性』が4月2日(土)に公開されました。2012年にアメリカで公開された本作は、その後、映画芸術科学アカデミー(米アカデミー賞)や英国アカデミー賞にも影響を与えました。長年埋もれた存在であったキャスティング・ディレクターに光をあてた本作の見どころを紹介します。
クレッシェンド 音楽の架け橋
公開中のドイツ映画『クレッシェンド 音楽の架け橋』は、イスラエル生まれのドロール・ザハヴィ監督が、実存のオーケストラに着想を得て制作したフィクション。パレスチナとイスラエル……敵対する民族の若い楽団員たちが、音楽を通じて心を通わせていく感動作です。
ユンヒへ
1月7日に公開された韓国のレズビアン映画『ユンヒヘ』。韓国に住む2人の母子が冬の小樽へ旅するロードムービーである本作は、娘が母の秘密をとくミステリーでもあり、母が別れた同性愛の恋人と再会するラブストーリーです。
ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男
12月17日に公開された『ダーク・ウォーターズ 巨大企業が恐れた男』はマーク・ラファロが演じる実在の弁護士ロブ・ビロットが、ウェスト・バージニア州で数十年にわたり有害化学物質を投棄してきたデュポン社に立ち向かう、実話をもとにした重厚なリーガル・スリラーです。
テーラー⼈⽣の仕⽴て屋
公開中の映画『テーラー ⼈⽣の仕⽴て屋』はギリシャの経済危機を背 景に、「男らしさ」から解放されて⾃分⾃⾝を⾒出す中年男性の成⻑ 物語。ギリシャ最⼤のテッサロニキ国際映画祭でギリシャ国営放送協 会賞、⻘年審査員賞、国際映画批評家連盟賞の三冠に輝き、世界中の 映画祭から喝采を浴びた話題作です。「太陽の国」と呼ばれるギリシ ャの真っ⻘な空や海とともに、歴史ある古い⽯畳の街並みと貧しい地 域、コミカルなトーンと禁じられた恋、紳⼠服とウェディングドレ ス……相反する要素を組み合わせることで、ギリシャ危機や家⽗⻑制 をさりげなく⾵刺するハートウォーミングな本作。拡⼤する経済格差 やジェンダー規範に⽣きづらさを感じる私たちが観ても爽やかな元気 がもらえる作品です。本作に散りばめられたメタファーから物語のテ ーマを読み解いていきましょう。